ディズニー好きで可愛いものが好き・・・でも毒吐き。そんな世界ですが、どうぞみてらっしゃい、一見さんもいらっしゃいです。
             
     
                
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
コープス・ブライドの考察   
お礼参りのあと、友達と
コープス・ブライドを観に行って来ました
こないだ、観たいんです~というレポを書いたんですけど、あたし公開して
すぐに映画観るの、混んでるから
嫌いで、いっつも最後らへんに
行ってたんですけど、今日は水曜で
安いし、時間もあったんで、行っちゃいましたぁ~~

ここからはネタバレありなので、
見たい方だけどーぞです

正直、もっと笑えるだけの話かと思いました。
でも、悲恋なんですね・・・・・

現代はセピアというか、ダークな色合いで統一され、
あの世はカラーで表情も豊かな感じで、描いてあるのが
特徴的でした。
(最初ダークな世界が続いたので、危うく寝そうでしたが・・・

あと、なんといっても動きが凄い!!!
ティムバートン凄すぎです!!!
あたしがビクッとしたのは、最初の頃のエミリーの登場シーン・・・
貞子ばりに恐ろしかったです・・・

でも、最初の時点で結末が分かってしまったのがちょっと残念でしたぁ
あの、なんとか卿(名前忘れた・・・)なんて、いかにもだし・・・
もう少し最後まで展開が分からない方が良かったです~

あと、疑問に思ったのが、エミリーと出会って、ビクターは気絶して、
そんで行きは、いきなりあの世に行ったのに、
あの世→この世に戻る時は薬?を使用・・・・・

ちょっと疑問でしたぁ・・・・・
(あたしの観方が足りなくて理解出来んかったんかなぁ??)

でも、最後の最後だけは、分かりませんでした・・・・・
てっきりコープス・ブライドとくっつくかと思ってましたから・・・

ちょっと泣いてしまいましたし・・・

ちなみに、友達はビクターが、稲垣五郎ちゃんに見えて
しょうがなかったようです。

云われてみれば、確かに・・・w


拍手する
                     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。