ディズニー好きで可愛いものが好き・・・でも毒吐き。そんな世界ですが、どうぞみてらっしゃい、一見さんもいらっしゃいです。
             
     
                
     
                    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
父の転院   
1月から救急病院に入院していた父親が、自宅からわりと近い場所に転院する事になりました。
んで、今日は母が転院の為病院に行ってます。

ここからは重い話になりますので、続きに書きます。


実は1月に、建設業をしている父は高いところから転落してしまい、首の骨を折って半身麻痺になってしまいました。

ヘリコプターで救急病院に運ばれたので、自宅から車&JRで、2時間弱というありえない遠さだったのですが、この度自宅から30分程度の距離の病院に転院出来て本当に良かったです。

最初に事故の一報を聞いたとき、緊急手術の時にはどうなる事かと思いましたが、幸い命だけは助かりました。

重い障害は残りましたが、父は荒れることなく、事実を事実としてしっかりと受け止め、今は前向きになり、リハビリにも取り組んでいます。

最初の主治医の先生の説明では、折れた首をつなぐ手術のリスクで手もう動かなくなるかも、と云われていたので覚悟をしていたのですが、手術の成功とリハビリの甲斐もあり、手の方はスプーンを持って食事出来るくらいに回復しています。

事故からもう7ヶ月ちょっと経ちましたが、一般的いうと、まだ7ヶ月だそうです。
同じ怪我をされた方はだいたい家に戻れるまで3年は掛かるそうです。(それも若い人で)

年老いた父はその倍は掛かるそうですが、父自身は車椅子で行ける魚釣りに行きたいとか、手だけで運転出来る車が欲しい。と、かなり前向きなので、家族としては見守って支えて行きたいと思ってます・・・。

って今日はなんか、マジメな内容になりましたが、ちょうど父の転院で、今の状況から1つ先に進めたので、その記念?に父の事を書いてみました。
拍手する
                     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。